« わが愛すべきウサたちよ♪ | トップページ | 春の嵐と夜の帳 »

トイレじゃないの、ベッドなのっ

Photo

いつも落ち着いた未流。

カメラを向けると 反対の方を向いたり

緊張して目がまん丸になってしまいます coldsweats01

そんな彼女の一番落ち着ける場所は・・

Photo_2

本来の用途からはずれた三角トイレ。

洗うためにケージから出すと

そわそわして落ち着かず

戻すと、そそくさとその上に座り

リラックスして毛づくろいなんかしてます。。。

「だから、ベッドなんだからねっ note

未流の主張でした wink

Photo_3

さてさて・・

まろんは今日も遊びに夢中みたいです。

部屋んぽ、命 sign03

彼女の妄想はノン・ストップなのです。。。

Photo_4

ケージの中でも、結構楽しそうですけどね smile

空中散歩。

突然、ゴロ~ン。

ガジガジ・・・とか、ね。

Photo_5

未流も、まろんみたいにカメラに慣れて

いろんな表情とりたいな catface

あせらずにの~~んびり待ってます♪

そんな日が来るのを。

« わが愛すべきウサたちよ♪ | トップページ | 春の嵐と夜の帳 »

うさぎ」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
未流ちゃんそこは・・・家のマロンも昔そうでした。
やっぱりトイレは落ち着くのかなぁcoldsweats01
まろんちゃんのカメラ目線写真はいつも可愛いね~happy01
ぽち☆

未流ちゃん、まったりくつろいでますね~。
ベッド(トイレ)でゴロンと気持ちよさそうです。
ゴロンと横になっている姿はカワイイですよね~。

まろんちゃんのカメラ目線もきまってますよ!

>あめちゃんさん
マロンちゃんも以前トイレでまったりしてたんですね。
私も今はあきらめてて、ケージの中でしてくれれば
いいかな。。って思ってます。
ちょっぴり親として甘いかなぁ、、とも思いますが(^_^;)
あのリラックスした表情見てると何も言えなくなります。
まろんは気のせいか、カメラを向けるのを待って
ポーズをとってるんじゃないか?と思うときがあります。
そんな。。。人間じゃあるまいし。。気のせい気のせい。。。

>カズさん
お久しぶりです、お元気ですか?
はい、未流のまったりスペースはトイレ改めベッドです。
ベッドだからと言ってふわふわの布を置くと
思い切り齧り倒してくれるので、硬いですが
プラスチックのベッドです。かなりお気に入りみたい
です(^_^;)・・・。
まろんはいつもカメラを意識して動いてくれるので
助かってます

未流ちゃんと同じようにコロも小さい時には必ずと言ってイイくらいトイレでごろんちょしてました((+_+))
何回も「トイレ!トイレ!」って教えようと頑張ったんですが結局、コロには三角トイレはベッドにしか見えなかったようです(ToT)
きっと居心地いいんでしょうね(^^ゞ
なぜか落ち着く!みたいな(^_^;)
三角トイレの色を変えてみたりもしました(・_・;)
結果、ムダ。。。(;´д`)トホホ…
何でそんなとこが落ち着くんだ?って聞いてみたいですね。
我が家では今は四角いトイレになってますヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
一応、最近は使うようになってきました( ̄ー ̄)ニヤリ
きらきら未流ちゃんの頭のてっぺん!
あそこの毛の感じ私も好きですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ごめんね、未流ちゃんヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

>アンディさん
コロちゃんも三角トイレ、ベッドにしてたんですか??
なんだかコロちゃん親近感もっちゃいました♪
でも一足先に大人に!?なっちゃったんですね。。。
まぁこの年まできたら(未流2歳、もう中年!?)
人間があーだこーだ言っても聞かないような気がします。
(人間だってきっとそう・・・(^_^;)?)
とりあえず部屋んぽの時だけ、外でしないでくれれば、と。
コロちゃんも、頭のてっぺんの毛、あんな感じですか?
耳を立てててもかわい~ですし、寝かせてても
いい味だしてる、あの毛♪いいですよね~~(と、なでなでする)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531384/44051395

この記事へのトラックバック一覧です: トイレじゃないの、ベッドなのっ:

« わが愛すべきウサたちよ♪ | トップページ | 春の嵐と夜の帳 »